遺産相続と生前贈与

一代で会社を大きくしたような人には多くの資産があります。
そして、亡くなると同時に大きな額の遺産相続が発生するのです。
トリプルエックス基礎控除額を越える遺産については相続税が発生します。
その課税を避けるために生前贈与をすることもあります。
これは亡くなってからではなく、生きているうちに財産を贈与するのです。
このメリットとして相続税を少なくすること以外に、将来の争いを未然に防ぐことが挙げられます。
つまり、財産を持っている本人が自分の意志で財産を分配しているからです。
そのことに納得できない子供は反論することができるのです。
これが故人になってからの争いだと、すべての人が納得できるはずはないのです。
争いがエスカレートすると裁判になってしまいます。
仲の良かった兄弟がけんか別れをしてしまうのです。
親としてもこのような事態は避けるべきでしょう。
自分の資産を考えて、生前贈与することを考えた方がいいかもしれません。
特に不動産などは誰かが受け継ぐことになります。
兄弟で争うことが多い物件ですね。
生前贈与についても額に応じて贈与税がかかります。
詳しいことはインターネットで調べたり、法律事務所に相談したりしてみることです。
あなたが大会社の社長であり、その会社は一族経営なのであれば一番危ないですね。
あなたが死んだ後にどのようになるのかを想像してみましょう。
遺産相続を巡って争うことのないようにしておくのが親の務めです。
遺言書にはっきりと書いておくことも大切ですが、その内容を残された人たちが納得できるようにしておかなければなりません。