自動車に乗っているときにゲリラ豪雨に遭遇したら?

自動車といえば便利なもの、今では大半の家庭に一台はあります。
中には家族全員分の自動車が完備されている家もあるほどです。
それだけ自動車は現在の生活に欠かせないものの一つなのです。
自動車は自転車やバイクとは違い、複数人で同時に移動出来るのが利点です。
また遠距離へ行く際にも体力の消耗を極力減らしてくれるのが自動車の良いところです。
そんな自動車ですが、時には大きな足枷になることがあります。カリビアンコム
例えば大雪が降り地面が凍結してしまうと、タイヤを変えかチェーンを巻かねば移動すること自体が不可能となります。
また急激に霧が発生すると、事故のリスクは大幅に上がりとても危険です。
この通り自動車は気象の変化に弱い乗り物なのです。

そしてこの原則はゲリラ豪雨の際にも同じことが言えます。
ゲリラ豪雨が発生すると、都市部などでは急激に道路が冠水します。
さらに道路の冠水が進むと、自動車は一気に大きな足枷へと変わります。
まず水深が自動車のマフラーを越えると、自動車は動かなくなってしまいます。
マフラーから水が入り込み、エンジンが壊れてしまうからです。
ちなみにマフラーの位置は意外と低く、成人のすね位の位置にあるため、簡単に水を吸って故障してしまいます。
もしゲリラ豪雨により道路の冠水が始まった場合、いつ自動車が止まるか覚悟をしておきましょう。
また時には自動車を適切な場所に退避させたあと、脱出する必要性があります。

自動車は便利な乗り物です。
それゆえに時に油断が原因で大きな事故へと繋がります。
それは自然災害でも同じです。
自動車の運転には常に気をつけるようにしましょう。