日頃からのゲリラ豪雨対策

ゲリラ豪雨はいつ発生するかわからない、非常に恐ろしい自然現象です。
自分の住む町は大丈夫だと油断していると、思いもよらぬ被害を受けてしまうことも。
日本では今確実にゲリラ豪雨の発生率が上がってきています。
つまりゲリラ豪雨はより身近な現象へとなりつつあるのです。
そうなると普段からゲリラ豪雨に対して予防が大切になってきます。
なにかゲリラ豪雨対策に良いものは無いでしょうか?
そこで今回は常日頃行っておきたいゲリラ豪雨対策法を見ていきましょう。カリビアンドットコム

まずは常日頃から自分の住む町をしっかりと観察しておくことが大切です。
例えば雨が降っている日に町の様子を確認してみましょう。
雨が降ると身近な河川はどの程度濁流が発生するか。
また氾濫する可能性のある場所をしっかりと確認することで、実際にゲリラ豪雨に遭遇したときにも、冷静に対処することが出来ます。

また実際にゲリラ豪雨が発生した際に備えて、避難経路をしっかりと決めておきましょう。
避難経路を決める際に大切なのは近くに河川が無いか、側溝やマンホールなど水が溜まりやすい場所は無いかのチェックです。
こうした危険地帯を事前にチェックすることで、安全に避難をすることが出来ます。

これら二つの対策をまとめて、一枚の地図を作成するとより効果的です。
危険な場所を記した地図を作ることで、その情報を家族全体で共有することが出来るからです。
もちろん家族だけでなく、ご近所さんとも情報を共有出来るのは大きな利点です。
一番良いのは町内会の集まりでこういったゲリラ豪雨対策用マップを配ることです。
こうすれば町全体でパニックが発生することを事前に防ぎ、冷静な対処が出来るようになります。